初めてでも安心~アトランタで物件探し~

 

アトランタの家探し

引っ越し=家探し

家、必要ですよね。
引っ越しには、必ず物件探しがついてきますね。
どんな場所で、どんな物件に住むか…。
大変だけど、必要ですし、新しいアトランタ生活を始めるにあたって、わくわくするプロセスでもあります。
海外での引っ越しは、言葉や習慣の違いもあって、大変な部分もありますが、大まかな流れは、
日本と変わらない部分もあります。
ここでは、賃貸の物件探しについて説明していきます。

賃貸ではなく、物件の購入(アパート、投資物件、居住用等)をお考えの方は、別途ご相談ください。

もくじ

  • 【はじめに】自分の基準を決める
  • 物件の種類
    • アパート
    • コンド
    • タウンハウス
    • 一軒家
  • 物件探しのやり方
    • 個人
    • 業者
  • 物件の手続きをする
  • 費用サンプル
  • まとめ】好みに沿った家を見つけて、アトランタ生活を満喫!
トップページ

【はじめに】自分の基準を決める

これ、大事です。
しっかりとした自分の基準の振り返りをして、
どういう住環境が自分にとって住みやすいかを考えましょう。

環境、好みによって、選択肢は変わってきます。

例えば…

学生なので、学校の近くのアパートに住みたい。

小学生の子供がふたりいるので、公園が近いエリアの一軒家がいい。

独身で、仕事が大好きなので、職場近くのコンドに住みたい。

友人とわいわいするのが好きなので、都心のアパートがいい。

家を購入して、将来的には、家賃収入を得たいので、高利回りが期待できる郊外のタウンハウスがいい、等々…。

このように、学生か社会人か、独身か家族がいるか等で、選択肢が変わってきます。

アメリカは、人生のステージによって、引っ越しをすることはよくありますので、そうしたステージ別の選択肢があります。
最初は、小さなアパートで暮らし、結婚して子供ができたら、少し大きめのところへ引っ越し、子供の成長とともに、
大きな家に住み、子供が成人したら、夫婦で小さな家にうつる、といった感じです。

ですので、ご自身の状況、好みを考え、どういうところに住みたいか、というイメージをもって、物件探しをすると、
満足度が高くなると思います。

物件の種類

基準を決めたら、物件探しに入ります。
物件には、どういった種類があるかご紹介します。

アパート(Apartment)

賃貸物件です。

Studio
1 bed room
2 bed room
などがあります。

手軽さがいいと思います。
例えば、部屋の水道が壊れた場合に、賃貸のオフィスに頼めば、修理してくれる。
郵便の荷物をオフィスで受け取ってくれる。
プールやジムなどがアパートについているという物件もたくさんあります。

コンド(Condo/Condominium) 

日本のマンションのような物件です。
部屋のオーナーが、賃貸に貸し出しているのを借りるイメージです。
エアコンが壊れたら、オーナー(または、管理業者)に連絡をする、といったイメージです。

タウンハウス(Town House)

長屋を、2軒(以上)に分割した一軒家のような物件。
オーナーが賃貸に貸し出しているのを借りるイメージです。

一軒家(House)

オーナーが賃貸に貸し出しているのを借りるイメージです。

物件探しのやり

個人

個人で物件を探し、オーナーや管理会社と直接交渉や手続きをします。
直接やりとりするので、物件のことがよくわかるし、安くすみます。管理業者に手数料などを払う必要がないので。

業者

手数料を払い、物件探し~入居まで、交渉や手続きを手伝ってもらいます。
物件を探すかわりに、業者を探す手間は惜しまず時間をかけた方がいい場合もあります。

日本語の情報誌で業者を探して依頼することもできますし、ネットで調べて、どういった物件がいくらくらいであるかと
確認もできます。

Zillowなど、全国規模のネットの業者もあります。
アパートから一軒家まで、物件と価格のイメージをつかむのに役にたつかと思います。

https://www.zillow.com/atlanta-ga/

**コロナの影響で、対面での内覧ができないケースもあります。
業者によって、オンラインでビデオで説明、3D内覧等々ありますので、事前に確認をした方がいいでしょう。

物件手続きをする

物件を探して、条件等の詰めをすると、手続きの流れになります。

申込書類、身分証明、収入の証明等の書類を準備し、手続きをすることになります。
具体的な書類は、住むところによって、多少の違いはあるので、都度確認するようにしましょう。

身分証明の際、一般的にはSSN(social security number)が必要になります。
日本のマイナンバーのようなものですが、SSNがないと、手続きをしてもらえない、というケースもあります。
生活のいろんな場面で必要となってくる大切なものになります。

これらの手続きがおわり、カギをもらって入居、という流れになります。

住居費用サンプル

手続きの流れや、物件の種類はイメージできたけども、いくらかかるのかよくわからない、
という方もいらっしゃると思います。

費用のサンプル例をご紹介します。

家族構成:両親と子供二人(小学生)の4人家族

アトランタ郊外のコンド:

家賃:$1,600/月 2bd, 2ba, 1,200 sqf、1年更新
入居の初月: 1か月無料
業者手数料:$1,600
保証金:$1,600
賃貸申込手数料:$250
管理費:$150/月
光熱費:$200/月
ケーブルTV/ネット:$150/月

**物件ごと(エリア、物件タイプ等々)に必要項目、金額は変わります。
例えば、家賃に光熱費、インターネットが含まれている等々。

【まとめ】好みの家を見つけて、アトランタ生活を満喫!

充実したアトランタ生活を送るには、満足できる住環境が大事です。
それぞれの事情、それぞれの好みがあると思います。
留学か駐在か、単身か家族と移住か、子供がいるかいないか、子供が大きいかどうか等々、状況により、適した条件は変わってきます。
最近の賃貸のアパートは充実していて、プールにジムがあって、クラブハウスでパーティができる等、ハード面の魅力にひかれて、家を決めることも多いかもしれません。
ですが、例えば病院へのアクセスや、治安など、考えるべきポイントはたくさんあります。慣れない海外で生活するわけですから、できるだけ好みにあった家をみつけて、アトランタ生活を満喫しましょう。
お手伝いできることがあれば、お気軽に無料相談でご相談ください。

今すぐ無料相談
トップページ